LayoutBuilder の使い方

LayoutBuilder の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Widgetのサイズに合わせてWidgetを作成するために使います。

下記のWidget of the Weekにもあるように、縦持ちの時は1カラムにして、横持ちの時は2カラムにするなど様々な画面のサイズに合わせて表示の仕方を変えることができます。スマホ、タブレット、テレビやデスクトップなどで異なる表示にすることができます。

Widgetが親Wdigetより小さい場合Alignを使い、子Widgetが親Wdigetより大きい場合SingleChildScrollViewと組み合わせて使われることがあります。

使い方

LayoutWidgetBuilder

コンストラクタ

LayoutBuilder({
	Key key,
	LayoutWidgetBuilder builder,
})

プロパティ

  • builderLayoutWidgetBuilder

ビルドするときに呼ばれます。

YouTube

Widget of the Weekでも紹介されてました。

公式ドキュメント

このエントリーをはてなブックマークに追加