firebase_dynamic_links の使い方

firebase_dynamic_links の使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

Firebase Dynamic Linksを使うためのパッケージです。

Firebase Dynamic Linksは、ユーザがリンクをクリックした時に iOS/Android のプラットフォームに依らずネイティブのアプリを開くことができます。 その時にパラメータを渡して制御することも可能です。詳しい説明はこちらのページを参照してください。

このパッケージで Dynamic Link の生成制御ができます。

最新バージョン

pub package

使い方

インストール方法

pubspec.yamlに記述します。最新バージョンは上記を参考にしてください。

dependencies:
  firebase_dynamic_links: ^0.5.0+1

Dynamic Links を生成にする時にいくつか必要な情報があり、以下の条件で設定することを想定します。

パラメータ
Prefix URL https://hoge.page.link
Link URL https://hoge.web.app
iOS Bundle ID app.web.hoge
AppStore ID 0123456789
Android Package Name app.web.hoge

各項目に関して軽く補足します。

Prefix URLDynamic Linksのベースの URL になります。この場合、https://hoge.page.link/XXXXXXXXのような URL になります。 Firebaseを使ってる場合、page.linkのサブドメインを無料で使えます。もちろんカスタムドメインも使えます。

Link URLは該当するアプリがない場合に開くサイトの URL です。通常はアプリの公式サイトなどが良いと思います。 Firebaseを使ってる場合、web.appのサブドメインを無料で使えます。サブドメインの部分はプロジェクトIDになります。FirebaseコンソールのHostingで確認することができます。

iOS Bundle IDAndroid Package Nameは、Flutterのプロジェクトを作ってる場合同じになってるはずです。

AppStore IDが必要なので、Apple Developer Programの登録が必要です。

Dynamic Linksを生成するコードはこちら。

final DynamicLinkParameters parameters = DynamicLinkParameters(
	uriPrefix: 'https://hoge.page.link',
	link: Uri.parse('https://hoge.web.app'),
	androidParameters: AndroidParameters(
		packageName: 'app.web.hoge',
		minimumVersion: 0,
	),
	iosParameters: IosParameters(
		bundleId: 'app.web.hoge',
		minimumVersion: '0',
		appStoreId: '0123456789',
	),
);

final Uri dynamicUrl = await parameters.buildUrl();

ここで生成したDynamic Linksを友達やSNSにシェアして、iOS/Android 関わらずインストールを促したりすることができます。

関連リンク

公式ドキュメント

このエントリーをはてなブックマークに追加